リュウのメキシコ素意や!ブログ(仮)

メキシコ在住10年のシュールレアリズム系大和民族リュウが、主にメキシコ・スペイン語(語学全般)・治安・役立つ生活情報などについて語りながらわっしょいお祭り気分で大失笑。世界危険な都市ランキング堂々5位グアナファト州イラプアト市在住武闘派通訳者。スペイン語会話レッスンゴレライ(初回無料!)などやってます。🐖

【2020年11月現在】メキシコ新型コロナ最新情報【相変わらず皆HII!HAA!】

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
こんにちは。
先日某大手スーパーでジーンズを買おうと思ったところ、試着室がなかったのでそのまま試さずに買ったらキッツキツでキ・ツ・イ(玉置浩○さん)ので4~5キロの減量を余儀なくされる事態になった、悲運の類人猿ことリュウです。
 
さて今回は、
「メキシコにいるけど、スペイン語よくわからぬしコロナ状況がどうなのか全くわからないので、ドン不安。」
「コロナランキング上位の常連国のメキシコが、どんな状況なのか気になって気になってこの木何の木気になる。」
というあなたに多分耳よりの記事です。
(古代のCMソングを出したため、私の年齢がばれちまいました。隠す気もないのですが、この記事の執筆時で人間でいう33歳です。)
 
おおよそのことは下に張り付けた太古の昔の記事に書いておりますが、その時と状況は結構変わりましたので、今回は最新情報と国民の生活についてお送りいたします。
 
 
※以下の数字・状況は全て記事執筆(2020.11.27)のものです。
その後数が変わっても「違うじゃねいか、嘘つきクロちゃ〇筋肉ごりら野郎」と言われても責任取りません。
 
MOKUJI
 

①国全体の様子

ます、世界ランキングから見てみましょう。

f:id:Ryumuscle:20201128221327p:plain

新型コロナ感染者数・死者世界ランキング
 
累計死者数104,873人は、世界4位です。
最近「PCR検査を受けた人の4~5割が陽性」という話を聞きました。

f:id:Ryumuscle:20201128221522p:plain

一日当たりの死者数。メキシコ的には第2波みたいなものの真っただ中です。

(引用:https://www.worldometers.info/coronavirus/)

集計上数が少なくなる日曜、月曜でも100~300人がコンスタントに亡くなられております。
 
またこの国では、警戒レベルを4段階に表した信号が使われています。
 

f:id:Ryumuscle:20201128221115p:plain

私の生息するGuanajuato州は現在オレンジです。

(引用:https://datos.covid-19.conacyt.mx/)

 

グアナファト州は現在オレンジ信号ですが、
赤→オレンジ→黄色→オレンジレンジ
と、ぶり返してしまいました。
おねゲイしますセニョリータ。
 
国の政策として特筆すべきなのは、
「全世界の人々が何の縛りもなく入国可能」
という点です。
さすが 32人が実質的に合法な国だけあって、自由ですネ!!!
 

②街の様子(あくまでグアナファト州)

・外でのマスク着用義務(罰金あり)
・店に入る時は検温+手にジェルが義務
・学校は年内いっぱいはリモート授業
・大規模イベントは禁止(多分)
・飲食店は規模を縮小して営業
・野良犬は今日も元気に通行人に恐怖・脅威を与える
・今現在も銃がパンパンすぱぱん血がどっぴゅううう
 
 
飲食店・ジムなどはどこも壮絶な経営難に陥っていますが、テロ組織支援集団政府の援助はろくにないので、経済が落ち込んでみんなイエローイエローアンハッピーです。
 

③治安は?

となると、失業者が増えて某半グレ少女Gさんのようにぐれた人々が暴動を起こすと私は予測していましたが、今のところコロナ起因の目立った蜂起等は最近は聞いていません。(4月頃は多少ありました)
メキシコ人、ナイスガッツ!
ただし、グアナファト州の治安の悪さは、相変わらず世界トップクラスを推移しております
 
↓参考までに。
 

④国民の様子

・罰金取られるので、外出時は仕方なくマスク着用
・それ以外はコロナ前と一切変化なし
 
はい、つまり
ほとんどの人はこれだけの死者が出ていながら、ふつーーーーーの生活をしております。
これは赤信号の時もすでにそうでしたが、みんなで集まって騒いで浮かれフルポン村上祭りを各々の家で大絶賛開催中☆
 
しかも、
大音量で音楽流す
→大声でしゃべる
→マスクもしているはずがないのでウイルスおジャ〇女☆カーニバル
(わちゃわちゃベタベタは年中無休)
→感染拡大
→人生終焉
という、残念な無限のデスループが止まらないので、ウイルスの変異が止まらない限り、今後も例の数字はとどまることを知らないでしょう。*1
 

f:id:Ryumuscle:20201128201831j:plain

からOK大会の様子。(2020.11.27)

ピンボケお許しください。

 
一説によると、ラテン諸国は全体的に
「目上の人間でも間違っていると思えば従わない。正解は自分で考えろ」
という日本と真逆のスタイルなので、法律やルールは善悪に関係なく、守らない人が多いです。
今回のようなパンデミックでは、それが裏目に出まくっているといった感じです。
つまり、みんな言う事なんか聞かず、左へ受け流します。
 
また、日本のように「3密」みたいな便利な標語もないので、何を避けるべきなのかを知っている人は少数派です。
 
 

⑤(この世で一番どうでもいい)私の様子

コロナ世界トップレベルの国在住者として、一応現状をお伝えします。
元気もりもりマッスルミュージカル。むしろスタン・ミュージアル(伝説の大リーガー)
です(death)。
・・・と言いたいところですが、7月頃に鼻づまりもないのに嗅覚が完膚なきまでに消失する、という悲運に見舞われました。
そしてその嗅覚異常は数か月続き、1週間くらい前まで完全には復活しませんでした。
検査も受けなかったのでコロナかどうかは闇の中ですが、周囲の人で体調不良者は一人も出なかったので、結果オーライにさせてください。
それ以外は体の不調は一切なく、泉ぴんぴんしております。
 
 

⑥私の職場の人々

社内の陽性者は累計で7~8人ほど出ていて(重症者はゼロ)、ここ最近はいません。
社員の平均年齢は多分20代なので、さすがに重症化はしていないようです。
(半分以上は肥満チックですが)
が、社員の家族の方々は判明しているだけでも5~6人は亡くなっております
 

⑦最近よく聞く標語的なもの(建て前)

No bajemos la guardia
=油断しないようにしましょう
この国のコロナ対策の標語的な位置づけのものです。
ただ、大多数の国民の本音は
「人生やりたいことやったもん勝ち。自分以外はどうでもいいのでタヒんでもOKまきば。そ~れ逸れ剃れ汚祭りだ~~~。」
です(本当の意味でdeath)。
 
 

ケツ論

ご覧のとおり、メキシコ人はどうせだ~~~れも気にしていないので、あなた一人だけ対策を取って生き延びましょう。
なので、マスク・手洗い・3密避けるくらいは(大和民族として)最低ラインのエチケットとして守りながら、人生を謳歌しても問題ないと思いまーす。
それでは、頑張って生きていきましょう。
 
↓生き延びるのに必要なスペイン語集
 

*1:全コロナウイルスのスパイクの変異回数は12もしくは14と決まっていて、一回の変異が約1か月ごとに起きるため、現在(2020年11月)は変異の最終段階なのでそろそろ従来のウイルスに戻る、という夢のような説がございます。しんあな(信じるか信じないかはあなた次第)。

Copyright ©リュウのメキシコ素意や!ブログ(仮)s All rights reserved.

OH!問い合わせプライバシーポリシー