リュウのメキシコ素意や!ブログ(仮)

メキシコ在住9年の大和民族リュウ(REIWAのスベリ王)が、主にメキシコ・スペイン語(語学全般)・治安について語りながらわっしょいお祭り気分で失笑。世界危険な都市ランキング堂々4位グアナファト州イラプアト市在住武闘派通訳者。銭湯能力約69万。

メキシコの物価・生活費について語ります【うれしい男性用特典あり】

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

こんにちは。

母親がウニ嫌いなため、「ウニ=まずい」と洗脳されて育ったためにいまだにウニを体が受け付けない、悲運の漢ことリュウです。

さて今回は

「私は生まれた瞬間から北斗の拳の世界に狂気的な憧れをもち、893に56される人数と新型567の死者数がとんでもないことになっているのにもかかわらず、メキ45で暮らしたいが物価がよくわからんので困った困った熊田曜〇」

というあなたの人生を救う記事です。

(ていうか、その理由ならイラクやシリアに行かれることをオヌヌメ致します。)

早速結論ですが、普通に過ごせば日本の半分から1/3の生活費で済みます。

では、その詳細を狂気的にご紹介していきます。

※メキシコは大変広いため、ひとくくりにできないので、あくまで私の住むGuanajuato州を基準に話しています。首都のメキシコ市周辺などはこれより数割高いと思うのでご了承ください臭い。

 

目次

 


①通貨

メキシコの通貨は、日本では何かとネタにされる「ペソ」です。

2020年12月21日現在、1ペソは5.02円ですが、この記事では面倒なので5円で計算いたしました。

→2銭の差を気にするまじめしゃちょーの人々、ゴメソねゴメスね~~~。


②家賃

生活費の基盤になる家賃ですが、この国では大変安いです。

目安として、

シェアハウス:1000~3000ペソ(5000~15000円)程度
一人暮らし:3000~8000ペソ(15000~40000円)程度

です。

日本と違って、アパートでも一軒家でも家賃はそんなに差はありません。

 

f:id:Ryumuscle:20201221194926j:plain

私が4年以上借りている家ーーーめっちゃホリデイ。寝室3部屋という圧倒的な広さを独り占めしていますが、家賃は月5000ペソです。


シェアハウスをすると、家賃に水道代・光熱費・インターネットが含まれますが、メキシコ人は大抵うるさい、汚い、他人のもの勝手に使う/盗むと三拍子そろいぶみので、安いですがあまりお勧めできません。

↓光熱費等の目安は、こちらの記事参照

ryumexicospanish.info

 

 ついでに

ryumexicospanish.info

 

ちなみに、安い家賃のところは大抵治安が終わっているので、守衛付きの集合住宅(fraccionamiento)で月最低4000ペソは払ったほうが死なずに済みます。

 

f:id:Ryumuscle:20201221200432j:plain

私がかつて住んでいた遺影間違えた家の周辺。家賃は確か2000ペソ。こういう雰囲気の場所は大変危険です。



③食費

こちらも、基本的にとっても安~~い安い安井さんです。

外食する場合は、安い庶民的な食べ物なら1食50ペソ(250円)程度

高級店でもせいぜい500ペソ(2500円)くらいで済みます。

食材を買った場合でも、農業大国だけあって大変安価です。

肉は日本の半額程度、野菜/果物などは多分5分の1くらいです。

ただ、魚だけはおそらく日本より高いですが、半ば腐っているので冷凍の切り身を買うことをお勧めいたします。

 

f:id:Ryumuscle:20201221201910j:plain

先日いただいたお食事(arrachera)。300ペソでしたが、メキシコでは高級の部類です。フラッシュ忘れました。余談ですが、私自身は低級です。

 


④交通費

※あくまでGuanajuato州Irauato市の話です。

市内バスは一律10ペソ(50円)

タクシーは初乗りで40ペソ(200円)程度

ただ、タクシーは運転手が適当に値段を決めるので、ぼられないように注意しましょう。

(首都のメキシコ市では、メーターが付いていますが運転手が不正にメーターの進み具合を速めている場合があるそうです。しかも強盗が多いので、もう大変)

ちなみにガソリンは、1Lで18ペソ(90円)前後ですが、メキシコ人の収入を考えると少し高いと思います。

 

f:id:Ryumuscle:20201221203551j:plain

イラプアトのバスの様子。よく前のドアが開いたまま走っています。都バス間違えた、飛ばす場合が多いので、OH!尻が漏れなく痛くなります。




⑤医療費

この国では「IMSS」と呼ばれる国が管轄する医療施設への加入が義務付けられており、月々払う(多分地域によって金額はまちまち)代わりにタダで診察を受けられますが、

数時間待たされる、汚い、うるさい、しょぼいと4拍子そろっているのでむしろ行かない方がいいです。

個人経営なら綺麗でちゃんとしていますが、ちょっとした内容でも1000ペソ(5000円)くらいとられて高いです。

ただし、風邪程度なら大抵の薬局にはちょっとした診察室的なところがあり、タダで受けられます。

ちなみに私は病院に行かない及び薬も飲まない派の人なので、この国で病院に最後に行ったのは8年ほど前です。(下痢で昇天しかけました)

 

⑥その他の生活用品

基本的に日本の半額くらいですが、本や電化製品などは日本よりも高い印象です。

まあ、大抵のメキシコ人は本は読まないし、電化製品は中古を買うのであまり支障はないと思いますが。

 

⑦男性向け

グーグル大先生に怒られる可能性がありますが、日本人駐在員が愛してやまないアレについて、触れないわけにはいきません。

※「コンプライアンス」部は、ご想像にお任せします。

家に呼んだ場合:約2000ペソ(1万円)

スト〇〇〇に行った場合:約2000ペソ~5000ペソ(1万円~25000円)

立ちコンプライアンス

→コンプライアンスのみ:約150ペソ(750円)

 全て込み:約500ペソ(2500円)

まあ、私は清く正しく生きる漢なので、これらはあくまで人から聞いたものということにしますです。

 

⑧参考:収入の目安

↓詳しくはこちらをピリっとご山椒ください。

ryumexicospanish.info

メキシコ人の平均年収は17594ドル(約182万円)だそうで、日本人の半分以下です。(おソース)

ですが、庶民の給料はこれよりはるかに安い印象です。

 

⑨私の1か月の生活費(どうでもいい)

家賃:5000ペソ

光熱費:約200ペソ

電話代:215ペソ

インターネット:350ペソ

食費:約3000ペソ

空手:400ペソ

ガソリン:約2000ペソ

コンプライアンス代:もちろん0ペソ

その他(プライスレス):約2000ペソ

合計:約13,165ペソ(65825円)

 

これでもましなほうだと思います。

参考になれば幸いです。

 

まとめ

安い、3150!

ただ、家賃をケチる及び公共交通機関を使う=命の危険が増すので、そこだけは惜しみなくお金を使いましょう。

あなたが亡くなったら、あなたは良くても周りの人々は悲しみます。

この他にも「~がいくらくらいか知りたい尻たい」というのがあれば、コメント欄か何かでお知らせいただければお答えします(しかし返事はなかった)。

本日もご清聴ありがとうございました。

 

Copyright ©リュウのメキシコ素意や!ブログ(仮)s All rights reserved.

OH!問い合わせプライバシーポリシー