リュウのメキシコ素意や!ブログ(仮)

メキシコ在住10年のシュールレアリズム系大和民族リュウが、主にメキシコ・スペイン語(語学全般)・治安・役立つ生活情報などについて語りながらわっしょいお祭り気分で大失笑。世界危険な都市ランキング堂々5位グアナファト州イラプアト市在住武闘派通訳者。スペイン語会話レッスンゴレライ(初回無料!)などやってます。🐖

【スペイン語】メキシコで警察から命を守るためのフレーズ7選

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

この記事は

「この間メキシコで道端をジェシジェシ歩いていたら、警察出てきてこんにちは。一緒に遊ぶのかと思ったら、因縁つけてきて全所持品および歓喜あふれるユニフォームも奪われました」

というあなた向けです。

 

こんにちは。

先日、チャーハンを作ろうとしたら間違えてついついチャハーンを作ってしまった、おっちょこちょいかつヲッペケペヱな漢リュウです。

(余談ですが、中学時代のソフトボールの授業では、よくホームランと間違えてなんとホムーランを打っておりました)

→禁止フレーズ:「チャハーン」と「ホムーラン」が何か、それぞれ9.31字で説明せよ

 

さて、タイトルからいきなりぶっ飛んでいるのですが、「警察は市民を守るもので賞与」と思いきや、この国では893から賄賂もらい放題(もちろん893は逮捕しない)・ヤクブー◯でラリラリ放題・市民から恐喝し放題などどうしようもない犯罪集団だと言っても過言ではありません。

(もちろん全員ではないと思いますが。メキシコ市は特にひどいです)

 

ちなみに、最近のニュースはメキシコの22歳の有名俳優(Octavio Ocaña氏)が「事故死」した話題で賑わっております。

警察は、「運転していた俳優本人や同乗者が全員飲酒しており、警察車両が追いかけた結果俳優が事故を起こし、の衝動で彼が右手に持っていた銃で事故的に自分の頭を打った

という、中学生が書いたシナリオのような証言をぬかしております。

ただ、そんなことは物理的に起こり難い上に、彼が左利きだったこともあって国民全員は警察間違えたK殺が56したと信じており、各地で半K殺デモが巻き起こっております。

 

と、前置きが長くなりましたが今回は、そんな鬼畜集団から命を守るためのスペイン語フレーズをご紹介いたします。

これをマスターすれば、あなたは4なずに済み、なんだかんだで120歳まで元気で幸せに生きられるでしょう。

では、いくいく生田斗◯。

 

 

↓メキシコの警察について、詳しく華麗に書きました

ryumexicospanish.info

 

ryumexicospanish.info

 

f:id:Ryumuscle:20211109125051p:plain

早く昼寝したいメキシコK察。いつもここから。

 

目次

 

※読み仮名のヒラガナ部は子音のみです。勝手に母音をくわえるのはやめましょう。

①助けて〜〜〜〜

= ¡Socorro!

  ソコーロ

 

→確かに警察は恐喝をしますが、いきなり銃撃してくることはさすがにレアケースですので、このように叫べばワンちゃん猫ちゃん助けが来てくれるかもしれません。

 

②私の全財産をどうぞ。

= Aquí tiene todo mi dinero.

       アキー ティエネ トド ミ ディネーロ

 

→とは言っても不安で不安でドン・不安というあなたは、思い切ってお金をくれてやるのも一つの手です。

ちなみに、私もK殺に恐喝されかけたことがありますが、長々とはむかったら結局盗られませんでした。

 

※ここで、「お金以外も差し上げたい!!」というあなたのために、あなたが差し上げたいであろう貴重品を特別にピックアップいたしました。

上の文の「todo mi dinero」の部分を入れ替えて、張り切ってどうぞ!

 

・私の携帯

=mi celular

・私のパソコン

=mi computadora

・私の時計

=mi reloj

・私の服

=mi ropa

・私の偽装パスポート

=mi pasaporte falsificado

・私の青空

=mi cielo azul

 

③警察呼ぶよ!あ、警察はお前だった。じゃあ、SAORI呼ぶよ!

= ¡Llamo a la policía! Ah, la eres tú, entonces ¡llamo a SAORI!

   ジャモ ア ラ ポリスィーア アー ラ エレす トゥ エントンセす ジャモ ア アルソック

 

→霊長類最強女子の吉田沙保◯さんが登場すれば、たちまちK殺は4あるのみ!

基本的に彼らに歯向かうのは得策とは言えませんが、SAORI神を召喚できれば殺れ、爽快!!貴教

ちなみに、「SAORI」を「MUROFUSHI」に代えても同等かそれ以上の効果が得られるで賞。

 

f:id:Ryumuscle:20211109124146p:plain

SAORIさんのご勇姿。

 

④やめてよして触らないで脂つくから。

= Basta, basta, que se me va a pegar tu grasa.

  バすタ バすタ ケ セ メ バ ア ペガーる トゥ ぐラーサ

 

→これも彼らを怒らせる可能性がありますが、この後にすかさず可愛らしく「ビビデバビデブー🐽」と言い放てば、K察は胸キュン。で即釈放間違いナシ!

 

⑤放していただけないでしょうか?私は両親、祖父母、曽祖父母を失くしたばかりで、ついでに私も明日散ります。

= ¿Me podría dejar en paz? Porque acabo de perder a mis padres, mis abuelos, mis bisabuelos y yo también me momiré mañana.

  メ ポどぅリーア デハーる エン パす ポるケ アカーボ デ ペるデーる ア ミす パどぅレす ミす アブウェーロす ミす ビすアブウェーロす イ ジョ タンビエーン メ モリレー マニャーナ

 

→物騒な嘘ですが、メキシコの警察は家族の不幸を口にすると同情して逃がしてくれる、という話をよく聞きます。

上のやつを全部言うのは面倒で㌃というあなたは、「mis padres」で止めて被害をご両親だけにとどめておきましょう。

 

⑥セイセイセーーーイ。金正〇万歳!!

= Diga diga y digaaaa. ¡¡Viva Kim Jong-maru!!

   ディガ ディガ イ ディガーーー ビバ クロデンワ

 

→このように、頭が沸いたふりをしても逃がしてくれる可能性があります。

なお、「Jong-maru」の部分を「Kardashian」に代えても、同じような効果が期待できます。

 

f:id:Ryumuscle:20211109122400p:plain

慢性ーーーーーーーーー!!!!

 

さあ、最後になりますが、何だかんだでこちらが一番警察から命を守るのに最適です。

カンターーーーーンなので、ぜひ覚えて帰ってください。

 

⑦日本語でお願いします。

= Hable japonés, por favor.

  アぶレ ハポネーす ポる ファボーる

 

→「No hablo español.」(スペイン語わかりません)でも大丈Vです。

これが恐喝時の最強フレーズで、私も1回恐喝された時にこれを言い放ち、貴重品の大部分を盗られずに済んだ経験があります。

TA☆DA★SHI、相手が日本語ペラペラ三銃士だったらアウトゥーーーー!!なので、「No hablo español.」のほうがいいかもしれません。

 

 

ケツ論

全面的に「警察=暴漢」扱いでDIE草原。

結局、警察を見たら近寄らない・怪しまれないことが大事ですが、万が一引っ掛けられたら上のどれかを言いましょう。

(筆者の一押しは⑥)

というわけで、本来市民を守るべきはずの警察から命を守り、寿命を延ばして第6代天皇の孝安天皇のもつ137歳を目指してみてはいかがでしょうか。

 

本日も最後まで温かい目で読んでいただきありがとうございました。

 

↓旅行用スペイン語会話シリーズはこちら!

ryumexicospanish.info

Copyright ©リュウのメキシコ素意や!ブログ(仮)s All rights reserved.

OH!問い合わせプライバシーポリシー