リュウのメキシコ素意や!ブログ(仮)

メキシコ在住9年の大和民族リュウ(REIWAのスベリ王)が、主にメキシコ・スペイン語(語学全般)・治安情報について語りながらわっしょいお祭り気分で大失笑。世界危険な都市ランキング堂々4位グアナファト州イラプアト市在住武闘派通訳者。

メキシコによくいる命知らず全員参戦!【便利な西語表現付き】

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
本記事は以下のようなあなた向けです。
 
「メキシコ人の平均寿命の短さが、幼少期から気になって気になってこの~木ナンの木。異常に多い殺人件数やコーラを水代わりにガブ飲みする以外にも、理由はあるはず。それは一体ナンなのであろうか????」(答え:はい、ナンです。)
 
※メキシコ人の平均寿命:76.6歳(世界48位、2020年版)
 
こんにちは。
You Tubeにて画面を下にスクロールしたいのに勝手に上に行かされる例の謎仕様によるストレスで、夜も8時間5分しか眠れない悲運の漢リュウです。
 
今回は、冒頭のセリフの方が模☆範★的な説明をしてくれましたが、
なぜメキシコ人がそんなに早く亡くなるのかを別の観点から攻めてまいります。
それは、「命知らずの人が多い」という点です。
この記事では、メキシコでよく見かけるそんな命知らずの方々に、(ほぼ)全員参戦していただきました。
以下のような人を見かけたら、4なせないように十分に注意を払いましょう。
 

f:id:Ryumuscle:20210409121315p:plain

命知らず界のレジェンドの方。
 
目次
 

①高速道路の中央分離帯に人

まず、そもそも
「高速に人?そんなのありえないのでYOU!LAY!の間違いでSHO」
と思われるかもしれませんが、この国では高速道路は誰でも立ち入れるワイルドなシステムになっています。
なので、道路の中央分離帯によく人が立っていますが、
自分を命をINOKIか何かと勘違いしているのか、車にはねられかねない位置にダーーーーー!!!しております。
つまり、車側もよほど気をつけないと、簡単に闘魂注入できてしまいます。
ちなみに、歩道橋はちゃんとございます。
つまり、歩道橋まで歩くのを横着して生きるか死ぬかの懸けをしているのです。
 

f:id:Ryumuscle:20210409115143j:plain

矢印のところに人がよくいまあああぁぁぁああASS。

②高速道路歩いて横断

当然ですが、上の方々は道路を無理やり横断するために中央分離帯にいます。
車が爆走していても大抵の人は
「迷わず進めよ。イけばわかSA☆」
と叫びながら渡ります。
ただ、車のスピードを読み誤って渡る人が多く、私も一回いきなり出てきた中学生を轢きかけました。
そう、転んだらそこで試合(人生という名の)終了です。
 
余談ですが、この国では人を轢いたら逃げるのがスタンダードとなっております。
車優先社会で「轢かれたほうが悪い」という風潮があるからです。
また、仮に中途半端に怪我をさせた場合は、
「とどめをさして56して逃げる」
という人権無視の鬼畜の所業が横行して入ります。
これは、「治療費の請求がものすごいことになるから」という話がありますが、そもそも
自動車保険に入ってないからそうなるんだろうがーーーーーーい。
→メキシコでは大多数が保険未加入のようです。
 
↓このような時に、保険がないと大金がなくなります。
☆をまけ★ 便利なスペイン語の一言
以下のようなシチュエーションの時に、使えるスペイン語です。
 
轢かれそうな時
人殺シーーーーー!
¡Asesinoooooo!
       アセスィーノ
※犯人が女の場合は「asesina」です。
 
《車にはねられた時》
飛びます!飛びます!
¡Volaré!¡Volaré!
   ボラレー ボラレー
 
《亡くなった時》
オラは死んじまっただ~。
Yo me moríííííííííííí.
  ジョ   メ   モリーーーーーーー
 
いざという時に、使ってみてはいかがでしょうか(特に最後のやつ)。
 

③信号が赤になったあとに悠々と歩いて渡る

②と似ていますが、
ちなみにこの国では、歩行者・自転車・バイクは大多数が赤信号でも渡ります。
(さすがに車はほとんどの人は待ちます)
車が通っていない時ならまだしも、車がいても信号が赤になった後でも容赦なく歩きます。
車から見ると大迷惑です。
やっぱり、例の「踏み出せばそこが一歩の道となり」精神の影響なのでしょうか。
彼ら「(轢かれて)逝けばわかるさ!!!!
 

f:id:Ryumuscle:20210409114328j:plain

 メキシコの信号。そう言えば、日本のように横長のやつはないかも知れません。

④ホームの縁付近に立って電車を待つ

これは首都メキシコ市の話ですが、縁の上にまで人が立って電車を舞っています。
また、日本のように電車が来る時のアナウンスや時刻表もないので、何の前触れもなくいきなり来ます。
なので、待っている人たちは「まだかな~?マナカナ」と言いながら上半身を線路の上ににょっと出して確認します。 なななな軟骨~。
つまり、そのすきに電車が来たり、後ろから誰かが押したりしたら確実に昇天間違いナシ!
人生に疲れた方は、ぜひメキシコ市の電車の駅を訪れてみてはいかがでしょうか
↑ダメよ、ダメダメ~。(戦後の混乱期に流行ったギャグ) 誠にすいまめーーーーん
 
参考
 

⑤ドアが開いたまま走行中のバスのドア付近に立つ

市内バスを中心に、よくこんな光景を見かけます。
大抵はバスがいっぱい◯っぱいなのが原因ですが、
ガラガラでもあえて空いたドアのそばにいる勇者もいます。
そもそも、なんでドア閉めないんでしょう?
ヒント:人口増加抑制策 
 

⑥高速道路をノーヘルでバイク走行

しかも100キロ以上で失踪疾走しております。
市内では、バイクはノーヘルが大多数のような気がします。
この国は道路が結構ぼこぼこなので、高速走行中にはまれば多分人生尾張\(^o^)/
こんなんだから事故って脳減る 
 

【番外編】私に向って「中国人」とかいうわけのわからんセリフを吐いてからかい、かつ自らの人としての価値を半減させるという暴挙を行う

空手二段および真空竜巻旋風脚を繰り出す私を冒涜することは、命を捨てるのに等しい蛮行です。
私は自称「江戸川の逃犬」という異名を引っさげながらも、恥ずかしながらまだ誰にも闘魂注入しておりません。
 
↓詳しくは阿知羅コチラ僕ら
 

ケツ論

はい、あえて言うほどのことでもないでしょう。
上記のような命知らずの方々、結構亡くなっている説、濃厚。
お悔やみを申し上げますが、横着をちょっとでもやめれば助かる人たちです。
皆さんは、こういう人々を見かけたら十分に注意した上、闘魂は注入しないことをオススメいたします。
 
最後まで温かい目で読んでいただきありがとうございました。
Copyright ©リュウのメキシコ素意や!ブログ(仮)s All rights reserved.

OH!問い合わせプライバシーポリシー