リュウのメキシコ素意や!ブログ(仮)

メキシコ在住9年の大和民族リュウ(REIWAのスベリ王)が、主にメキシコ・スペイン語(語学全般)について語りながらやらかしています。世界危険な都市ランキング堂々4位イラプアト市在住武闘派通訳者。銭湯能力約69万。

メキシコ人が不衛生な点7選【某ウイルス大喜び】

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

こんにちは。

パンをも箸を使って食らうため、母親から「OH!CAMA!」呼ばわりするほど手を汚したくない男、リュウです。

 

皆さんも、メキシコに来てから

・汚NEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!

・くSEEEEE931931くぁwせdrftgy峰ふじこlp;

・UZEEEEEEEEEEEEEE‼‼‼‼(これは違う)

という嘆きに悩まされる方も多いと思います。

私は特別潔癖ではありませんが、メキシコ人といるとつい上記の3通りの叫びをしてしまいます(もうメキシコ10年目なのに)。

今回は、そんな皆さんの悩みを解決すべく、メキシコ人の衛生的な感覚を赤裸々に暴いていきたいと思います。

そして皆さんが彼らを理解することによって、そんな悩みが小さくなっていけば幸いです。

 

※毎度のことですが、メキシコ人全員が以下に当てはまるわけではありません。きれい好きなメキシコ人もいれば、不衛生な日本人もたくさんいます。

 

f:id:Ryumuscle:20200915202521j:plain

つまりこうなります。

 目次

 

 

①ポイ捨てを肯定的に捉える

メキシコ人の大多数は、ゴミをそこら辺にポイポイ捨てます。

その結果として、街を歩けばゴミが散乱していて、全体的に臭いです。

よく聞く奴らの言い訳として

「だって、ゴミを捨てないと掃除を生業にしてる人たちの仕事を奪うことになるだRO?だからゴミを捨てるのSA★ひゃっ破ーーーーー‼‼‼‼‼」

という意見がありますが、

逆に仕事を与えすぎて、彼らの作業が追い付かなくて国全体が汚くて臭くなってマスカラ。ざんねえええ㋓え㋓㋓えん‼‼‼‼‼

余談ですが、この国で雨季の道路の冠水が日常茶飯事なのは、奴らが捨てるゴミが排水溝に詰まるからだ、という話をよく聞きます。

そのせいで私たちのようなGAIJINがいい迷惑を被っております。

また、ごみをゴミ箱に入れるという意識も薄く、私が通う職場のトイレは常に紙が床中に散乱しております。

 

f:id:Ryumuscle:20200915203801j:plain

よくある光景。こうなるのも多分彼ら自身のせいです

 

 

②そこらじゅうで唾/たんを吐く

これは日本だとヤンキー限定ですが、多くのメキシコ人はこれを日常的にやらかしています。

余談として、私の勤める会社では最近例の新型ウイルス対策として

「工場内でつばを吐くの禁止」

というルールが新設されました。

ん?新設?

じゃあ今まではそこらじゅうで唾吐くの許されてたんかーーーーーーーーーい‼‼‼‼

と天空に叫んでみました。

 

 

③料理は基本手掴み

どんなに油ぎっとぎとだろうがお構いなしに、メキシコ人は食べ物を手で食べます。

(さすがに汁物を手ですくうことはありませんが)

特に骨付きのチキンは、素手の手掴み以外で食べるメキシコ人を見たことがありません。

某ケントッキー(この国ではそう発音)のパッケージには「Para suparse los dedos」(指をしゃぶるように)というキャッチコピーがプリントされています。*1

つまり、この人たちは手掴みで食した後、指をおしゃぶりするという習慣があります。

こんな感じで。メキシコ人と食事する時は、手掴みを強要されるので大変不快です。

多くの場合、フォークとかスプーンがそもそも出てきません。

例えば、昔ビザの取得の手続き後に、指にはんこのインクがべっとり付いた状態である店で鶏肉を注文し、店員にフォークを頼んだら

手で食べるもんなんだよ、ゴミGAIJIN

と一蹴され泣く泣くインクもろとも食べさせられた経験があります。

いくら郷に従えと言っても、不衛生を強要されるのは先進国出身の私としては腑が落ちません(もちろん皮肉)。

(当然家ではタコスであろうが意気揚々と箸で食べるのは内緒)

こんな調子だから某ウイルスの死者数が世界4位なのも納得です。(2020年9月15日現在)

 

f:id:Ryumuscle:20200915203150p:plain

 

④そのおしゃぶりした手であっちこっちお触りする

ので、家じゅうが基本的にベトベトンになっております。

※進化前のベトベターでも可

 

 

⑤食べかすは床へさようなら

食べかすやポテチなどの粉(?)は床へ直行。

そして放置。

家の中が土足なので「床=きたねいもの」という認識をもっている可能性が高いです。

ちなみに、窓やドアが開けっぱなしの家が多く、蚊などの愉快な仲間たちが入り放題で大変かゆいです。

 

 

⑥手洗い・うがいの習慣なし

昨今のパンデミックのおかげで、ようやく手を洗う人が増え始めました。

職場のトイレには、手の正しい洗い方がイラスト付きで貼られています。

あれ、今21世紀?

 

⑦そもそも掃除をする習慣がない

これが全てを物語っていますが、メキシコ人は基本的に掃除しません。

この国では

・学校では子どもは掃除しないで、掃除専門の人が雇われている

・少し経済的に余裕のある家は家政婦を雇い、週に何回か掃除させる

が常識です。

ちなみに家政婦は貧しいいでたちの人が多く、盗みを働く人が後を絶ちません。

この国ほど「人を見たら泥棒と思え」が活躍する国はまれで、盗みが恒常化しています。

 

 

ケツ論

我がメキシコ人はA級に不潔です!(名言風)

こういった習慣に相まって、挨拶でハグやキスをするもんだから、某細菌が

郷に従うのは確かに大事ですが、皆さんは命を守るためにこれらの習慣は左に受け流すことを強くお勧めいたします

時には小言を言われるでしょうが、奴らの気分を損ねないことよりも自分の命が最優先です。

 

 

 

☆告知告知コミック☆

私がじかに録音してお届けする、スペイン語の文法の解説を中心とした音声メディアを始めます(多分2020年9月15日から)。

もちろん無料です。

多分色々やらかします。

スペイン語初級者の方は聞いていただけたら、歓喜にあふれてユニフォーム脱ぎます。(作家ー選手か)

詳細は気が向いたら書きまーす。

 

 

 

ryumexicospanish.info

 

 

ryumexicospanish.info

 

*1:最新情報だと、パンデミックの影響でこのフレーズは一時的に削除される、というニュースがありました。64年前から使われているらしく、今後復活させる気満々みたいです。現実を受け止めましょうよ、ケントッキー。

Copyright ©リュウのメキシコ素意や!ブログ(仮)s All rights reserved.

OH!問い合わせプライバシーポリシー